のし・包装紙・手さげについて

ホーム > のし・包装紙・手さげについて

熨斗(のし)について

名入れについて

名入れは下記の3パターンとさせていただきます

1名の場合
1名の場合
会社名(肩書き)入りの場合
会社名(肩書き)入りの場合
連名の場合
連名の場合
※連名は2名までと
させていただきます

のしについて

のしを用いるもの
めでたさを祝う慶事や贈進物など ※祝い事に「のしあわび」を添えるということで用いる
のしを用いないもの
弔事や病気、災害見舞いなど ※なまぐささを避けるという意味で用いない

水引について

贈り物を差し出す時の手の指になぞられている。
細い五本のこよりをのりで固めて一本にした、五本一組が本当の物

結びきり
結婚、見舞い、病気、弔事、災害見舞 ※二度と繰り返さないように
蝶結び
上記以外の慶事 ※何度繰り返しても良いこと
※当社の蝶結び「のし」は簡略化した物を使用しています。

当社の「のし形態」について

赤白の掛紙

赤白の掛紙 ※当社の一般のしを使用します(当社の企業理念「甘味求真」の透かし入り)

  • 紅白無地のし・・・・・一般的に使う贈答用ののし
  • 御中元・・・・・・親類やお世話になった方へ贈る
    (関東式/7月始め~7月15日頃、関西・北海道式/7月中旬~8月15日頃)
  • 暑中見舞い・・・・夏の最も暑いときに、夏の暮らしを見舞う
    (7月20日頃~立秋まで)※関東では中元時期がずれた場合に使われる
  • 残暑見舞い・・・・夏の最も暑いときに、夏の暮らしを見舞う
    (立秋以降暑気の残る間)
  • 御歳暮・・・・・・親類やお世話になった方へ贈る
    (12月13日頃~25日頃)
  • 御年始・・・・・・新年の挨拶伺う
    (元旦~7日まで)
  • 粗菓・・・・・・・ささやかな贈り物
    (無地のしでも良い)
  • 内祝・・・・・・・お祝いのお返し

赤白の掛紙

赤白の掛紙 ※当社の結びきりのしを使用します(当社の企業理念「甘味求真」の透かし入り)

  • 御見舞・・・・・・いろいろな御見舞事
  • 寿・・・・・・結婚のお祝い、引菓子
  • 内祝・・・・・・御見舞のお返し物(快気祝)

※結婚内祝、寿の包装紙は、下の「婚礼用」タイプとさせていただきます。

黒白の掛紙

黒白の掛紙 ※当社の仏事用全宗派共通のしを使用します

  • 黒白無地のし・・・・・いろいろな仏事用
  • 御供(仏事用)・・法要、法事、霊祭、記念会、追悼ミサ
  • 志(仏事用)・・・いろいろな仏事のお返し

婚礼用

婚礼用

  • 婚礼用の包装紙は、下にある「寿包装」とさせていただきます。

※のし形態は全て「外のし」とさせていただきます。
※小型商品等、一部商品にはのしをお付けできません。
※のしを掛ける場合はリボンは掛かりません。

のしの由来

熨斗は熨斗鮑の略で、鮑を伸ばして用いたことから熨斗鮑と称されました。四方を海に囲まれた日本では昔から海の幸に恵まれており、特に鮑は重要な食物で神事のお供え物として用いられてきました。
鮑を平たく伸ばした後、かつらむきに長く切りのばし、天日干しにした熨斗鮑は栄養価が高く長持ちすることから中世には祝儀に用いられ、貴重な保存食ともなりました。
江戸時代には長寿の印と重宝がられ、祝事や慶事の儀式に高価な贈答品として用いられるようになり、時代の移り変わりと共に熨斗鮑を和紙に包んだ形を「のし」と称して贈答品に添える風習が根付きました。

包装紙について

通常包装

通常包装
特に指定の無い場合こちらの包装です。

寿包装

寿包装
婚礼用内祝ののしがつく場合は こちらの包装です。
※「寿」の文字が印刷されております。

※のしを掛ける場合はリボンは掛かりません。

手さげについて

手さげ袋サイズの目安
大 → 北彩菓 2,400円・3,000円 き花4,900円など
小 → それ以外の商品

※1 「小」に関しましては、ご注文頂いた商品の大きさに合わせた袋をお付け致します。
※2 ご注文頂いた商品以上の袋はお付け致しかねますので、ご了承下さい。