霧華物語

ホーム > 霧華物語

北国銘菓「き花」と短歌の世界 霧華物語

若山牧水・喜志子夫妻旭川来訪
若山牧水・喜志子夫妻旭川来訪
若山牧水・喜志子夫妻旭川来訪。
齋藤家に宿泊。このころから史も作歌。
前列左から喜志子、牧水、父の瀏、 後列左母キク(大正15年)

北国銘菓「き花」の名前の原典

北国銘菓「き花」の名前の原典は、齋藤 瀏[さいとうりゅう]の歌集『霧華[きばな]』にさかのぼります。齋藤 瀏は、軍人で二度にわたり第七師団に赴任し通算10年3ヶ月を旭川で過ごしています。昭和2年3月、熊本第11師団旅団長としての栄転に際し、旭川歌話会[あさひかわかわかい](代表 酒井広治[さかいひろじ])は送別短歌会を開催、齋藤 瀏は娘の史[ふみ]と共に出席して歌を残しています。当時、旭川新聞社に勤務する小熊秀雄[おぐまひでお]はこの旭川歌話会で幹事をつとめ、送別会で霧華という文字を織り込んだ歌を寄せています。

齋藤 瀏は、昭和4年に第二歌集『霧華』を発刊。大正3年から9年までの旭川在任中に詠んだ霧華の題が9首収録されています。北辺の冬の現象を表現する言葉として霧華という造語を編み出したとみられています。凍てつく氷点下の世界に、光に煌めく霧の美しさに華という字を付して霧華と表現したのでしょうか。

俳句歳時記の冬の季語に、木華[きばな]、木花[きばな]、霧の花、樹霜[じゅそう]などが見られますが、霧花という字句は見あたりません。旭川で齋藤 瀏が特有な言葉として詠いこんだのが初めてとみられます。

大正13年、再度旭川に着任した齋藤 瀏、史親子は大正15年に発足した旭川歌話会にも参加。昭和2年に短歌誌「霧華」を創刊しますが、4年には「半仙戯(ふららこ)」と改題しています。
昭和21年6月、俳句誌「霧華」(塩野谷秋風[しおのやしゅうふう])が創刊されておりますが、49年12月に「樹氷」(きばな俳句会)と改題されて現在に至っております。

旭川で霧華をテーマにして詠んだ歌人の短歌3首を右に掲げてみました。松田一夫[まつだかずお]歌集『き花凍む街』のあとがきで、松田翁が壺屋総本店の菓名の名付け親として「き花」命名の経緯についてふれております。

「霧華」の想念から発祥し、転じて「き花」と書き表して命名。そのロゴタイプと共に商標登録をさせていただきました。イメージにふさわしい北海道の叙情的な風景をモチーフとした『き花』は、世界の食品コンクールで28年連続金賞に輝くお菓子として変わらぬ評価をいただいております。

この「霧華物語」のページは、旭川市文学資料友の会ボランティア会員の沢栗修二氏の制作編集したサイトです。

初めての方は
霧華あれこれよりお読みください。

霧華あれこれ
霧華の始まり
北の歌人【連載シリーズ】